忍者ブログ

[PR]

2017年07月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

小枝ちゃん

2011年05月20日
昨年8月にタネが採れ、すぐにタネまきした
リチドカウロンのその後です

冬に突入してからは、室内でもいくら水をやっても変化しなくなり
いつもシワシワになっていました。
あまり乾燥してもと思い、たまにちょろちょろ、水やりをしていました

無事に腐らず春を迎えて、水を吸い生長を始めたようです
冬前は双葉?(バンザイしている手みたいな部分)しかありませんでしたが
本葉?(バンザイしている人の顔にあたる部分)も出てきました
シワも取れてプリッとしてきているのが分かります
リチドカウロン
リチドカウロン posted by (C)BEE.


親苗です。枯れ枝みたいですが元気に生きています。
8月下旬にタネのサヤがはじけたところです
リチドカウロン・マクロロブム
リチドカウロン・マクロロブム posted by (C)BEE.


綿毛つきのタネです
リチドカウロン・マクロロブム
リチドカウロン・マクロロブム posted by (C)BEE.

タネまきして発芽したところ。昨年9月です。
リチドカウロン・マクロロブム
リチドカウロン・マクロロブム posted by (C)BEE.

タネが採れたすぐ後、9月下旬くらいに花が咲きました
この花は自家受粉のようで結実しますが、熟すのは翌年の夏になるようです。
リチドカウロン・マクロロブム
リチドカウロン・マクロロブム posted by (C)BEE.



一番上の画像より数日、また少し生長しましたが
これは育てている者にしか分からないくらいの微妙な差かも…^-^;
そういえば先日植え替えましたので、昨年と鉢が違います。
Rhytidocaulon macrolobum
Rhytidocaulon macrolobum posted by (C)BEE.

PR
 
Comment
無題
いえいえ、ちゃんとわかりますよ~育ってるの!
顔の部分が大きくなってますね!

にしても毎回驚かされるBEEさんのブログ、今回は
>熟すのは翌年の夏
ってとこ。
ええ~! 気の長い話だなあ。
実は以前、ガステリアの種を収穫したので蒔いてみたんですが、
芽が出たと思ったのに数日後には消えていて、
水やりすぎて溶けちゃったかと、あっさり諦めて捨てちゃったんですよねえ……。
あとで、半年くらいして発芽することもあるとか読んで、
早まるんじゃなかったと後悔しました。
まあ親株に子株がいっぱい出ているので、そっちで増やすほうが
初心者の私向きではあるんでしょうが、多肉に短気は禁物ですね。
無題
実生苗可愛いですねー!
自分だったら枯らしてしまいそうです。結構難易度高そうですね。
種はタンポポにしか見えないです…(;´Д`)
あと種本当に翌年とかすごい…
忘れてしまいそうです。
小枝ちゃんたちの今後の成長も楽しみです。
>浦島の亀さん
まだハオルチアと同じ日陰ですが
屋外に出してやったところ
今日1日でずいぶん大きくなった気がします…^^

やっぱり外の力はすごいですね
家族に「毎日見ても変わらないだろうに」と言われるのですが
実生苗は日々生長が分かり、見ていて楽しいんですよね♪

ガステリアは交配するのでなければ
葉挿しやカキ子の方が早いですよね^^

半年待てば発芽するとか言いますが、だいたい発芽しないし
それまで実生床を保管なんてしないし
まあ大丈夫だと思いますよ^-^;

私なんて発芽しなかったら、別のタネを上からまいちゃう! 
ただし、見た目が全然違うものにしないと
あとで本当にガステリアが出たとき混じっちゃうので要注意です
>F.I.L.Oさん
サヤが2つあったのですが1つは油断しているうちにタネが飛んでってしまいました。
まさしくタンポポ。邪魔なので綿毛は外してタネまきしました〜

タネを採ったすぐ後に花が咲くという、
なんともおかしなタイミングの植物です
あんまりデリケートさは感じませんw
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: