忍者ブログ

[PR]

2017年05月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

アガベのタネまきと実生苗

2009年04月25日
昨年の秋にタネまきした
アガベのピグマエ pygmae という種類です。

ピグマエ
ピグマエ posted by (C)BEE.


こっちは最近タネまきしたもの
サボテンと同じで多湿環境にしてます。
土の表面にタネをまきます。

袋で保湿しているところ
袋で保湿しているところ posted by (C)BEE.


芽が出ても、ここからが遅いエボリスピナ
もういくつもタネまきしていますが
なかなか苗ができません

エボリスピナの発芽
エボリスピナの発芽 posted by (C)BEE.


諸星大二郎の新しい漫画がでました。
今日楽天ブックスから届いたよー!

闇の鶯

PR
 
Comment
No title
うちはエボリスピナの発芽した苗消滅しちゃいましたよ。
植え替え後に元気がないなーと思ったらくたっと倒れて。
ピグマエ、画像検索してみたらカッコイイですね。
>柴犬さん
ピグマエ、小さくコンパクトなロゼットになりそうで、楽しみにしています。元気なので、数も減らないでしょうから、そのうち里親も募集すると思います^^。

エボリスピナは根元からクタッとなることがありますね。発芽がなかなか揃わないので、なかなか覆いをとるキッカケがつかみづらいです。蒸したまま未発芽のタネと一緒に置いておいたら、、、ということがありました。

植え替え後は残念でしたね。少し大きくなってからの方が、植え替えは安心なのかも知れませんねえ。
No title
実生のちっちゃい苗って本当に可愛いですね(*´∀`)

メセンの実生に挑戦してみたいのですが、いろんな情報があって迷ってます。蓋した方がいいんでしょうか(´・ω・`)
サボテンは保湿が必要なんですね。
>F.I.L.Oさん
こんにちは。
色々な方法があると思いますが、真似をするなら誰かのやり方を完全に真似したら良いのではないでしょうか。もちろん、成功している人の真似ですが。

あの人の良いところ、この人の良いところを組み合わせた場合、うまくいくとは限らないからです。

たとえば覆いをしていない人の場合、腰水でずっと湿度を確保していたりします。カバーをしている人は、それをしていない場合があります。それをクロスで組み合わせてしまうと、、、、という感じです。

私の感触では、発芽苗はサボテンの方が蒸されて育つのが好きかな? リトープスなどは蒸らし過ぎるとすぐ溶けてしまうので、発芽したら土の湿り気は確保しつつも、密閉しすぎず、というのに気を配った方が良いかと思います
No title
おおーエボリスピナ発芽してますねえ^^
たしかに発芽後が難しいねすね。
うちのアテナータは6本発芽しましたが、すでに残り2本になってます。。
ちょこっと本葉が出てきたのでこいつらはいけそうかな?
>ゴンゾーさん
少し大きくなってくると結構頑丈ですよね^^。

昨年の春にまいたエボリスピナはタネが少なかったこともあって1本しか残ってません。

もっと色々なタイプが出て選抜できるぐらいに増えてくれると良いのですが。

  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: