忍者ブログ

[PR]

2017年05月30日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

うまくいきそうな実生の予感

2007年05月17日
3月にホームセンターをうろうろしてたら
いいもの見つけました。
コミックケース300円だって。
この深さ、フタの形…私にはサボテン用としか思えません。

んで、タネまきしました〜。
まだちょっと早いかな? でも棚の上の方に入れておけば
昼間は温度が上がりそうです。

サボテン実生ケース

これまで最初の湿度をキープするのにラップを使ってきましたが、
これならグシャグシャになったり、苗にペショッとついたりすることなく
スマートに実生ができそうです!

昨年の晩秋に
アリゾナカクタスから購入した種子をまきました。

サボテン実生ケース

2629 Gymnocalycium ragonesii f. smaller form
2630 Gymnocalycium ragonesii f. L472
2911 Mammillaria bocasana v. purpureiflora N
5032 Rebutia albopectinata f. FR754 (White)
5192 Rebutia gonjiani, WR 578
5198 Rebutia heliosa f. R314
5553 Rebutia steinmannii v. rauschi
6851 Haworthia blackbeardiana

頭の数字はアリゾナカクタスでの商品名。備忘です。
レブチアとラゴネシーばっかしや^-^;。ラゴネシーって実生苗を
見た事がなかったので、どんな感じかな〜と思い。

ハオのタネもあったので撒いたんですけど、
ハオって秋まきのほうが良かったのかな?

また今後が楽しみです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ←他のサボテン&多肉ブログへ


PR
 
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: