忍者ブログ

[PR]

2017年12月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

繊細な白い斑入りバラ!!

2010年06月04日
チョコベリー♪さんから、とってもステキな郵便が届きました!


おねだりしてしまった、斑入りのバラ
わざわざ送ってくださってありがとう!

斑入りバラ
斑入りバラ posted by (C)BEE.

さっそく植え付けて、水やりしました
ミニバラなので鉢は少し控え目
大きくなったら、また鉢上げしてあげましょう



白いところとか

斑入りバラ
斑入りバラ posted by (C)BEE.


緑がしっかりしているところとか

斑入りバラ
斑入りバラ posted by (C)BEE.


いろいろな斑が入ってとってもキレイ
そして白斑が爽やか〜!!

ありがとうございます。
大事に育てますね^^

白いお花が咲くみたいなので
それも楽しみにしております
PR
 

緑花のミニバラ

2009年05月21日
バラにうっとりする季節が続いています。

グリーン・ダイヤモンド
DSC_0012
DSC_0012 posted by (C)BEE.


お花はすごく小さいミニバラです。

DSC_0014
DSC_0014 posted by (C)BEE.


つぼみから咲き進むと、緑がかっていくようです。

つぼみは少しピンク
つぼみは少しピンク posted by (C)BEE.


西武の屋上で買ったバラです。
結構面白い種類が置いてあります。
緑花というと、Rosa Chinensis Viridiflora ビリデフローラ/ビリディフローラ
というのもあります。
ビリデはもちろん、緑の意味ですよね。

 

クラシカルで小さなバラ

2009年05月15日
一季咲きのバラ、オンブレ・パルフェトゥが今年も咲きました
年に1度しか咲かないので、記念写真を残しておいてあげないとね。

D100-1
D100-1 posted by (C)BEE.



カメラの色調再現力を比べようとして
何度も同じ画像を撮影しています。

やはり後半2枚が肉眼での見た目に近いかな?
多少青みが強く出ている気もするけれど、、、、

D100-3
D100-3 posted by (C)BEE.


花弁の多いバラが私の好み、
そして深いマジェンタ色も。

D100-2
D100-2 posted by (C)BEE.


中心の花弁が巻き込んで、「ボタンアイ」のような形に

D700-2
D700-2 posted by (C)BEE.


下向きで咲いているので、持ち上げて撮影している。

D700-1
D700-1 posted by (C)BEE.


今年はアブラムシもあまり出ず、管理がラクだった。
土に殺虫粒を混ぜ込んだため。
これからハダニの季節も、頑張って欲しい!

D700-3
D700-3 posted by (C)BEE.


せっかくだから、他のバラも。
こっちは四季咲き、返り咲き性があり、次々と花が出てくるタイプ。

このティッシュで作ったみたいな、
スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾンは本当に良い香り。
他にも咲いてます
他にも咲いてます posted by (C)BEE.

 

レトロがかわいい薔薇

2008年05月27日
春の薔薇はそろそろ終わりです。 一季咲きの「オンブレ・パルフェトゥ」は、もう来年まで花が見られません。 一季だから剪定する必要がなく、花ガラを残せば 実もなると思うのですが、昨年はひからびてうまく行きませんでした。 上と同じバラですがアンティーク調でかわいらしい ちょっとしおれているのか…^-^;。 土が乾きやすくていけません。 温度や光、咲き進み具合によって色々な濃淡を見せるバラです。 モンシロチョウが来たので急いでシャッターを切った。 蝶は逃げるわ、写真はブレるわ。 私が今唯一持っているミニバラ、 「スイートチャリオット」です。 上のバラも小さく見えますが、それは私のウデのせい…^-^;。 スイートチャリオットは西武の屋上でフラフラと購入してしまったもの。 西武で買ったバラは衝動買いが多い。だって多肉買いに行ってるわけだから…。 でも結構良い苗があります。それを言ったら山野草と盆栽もたくさんある、困る。 スイートチャリオットも、少し水が切れかかってこの見た目です。 本当はかわいいポンポン型。 最後はジャックカルティエ。真ん中がクシュッと丸くなる クォーターロゼット咲き。 丈夫だし株はまとまりやすいし、四季咲きだし、言うことナス!
スイートチャリオット 新苗
 

フェルディナンピシャールとルイ14世

2008年05月16日
忙しく働いているヒトがいたので モデルさんになってもらいました。 フェルディナン・ピシャールというオールドローズで色が面白いです。 四季咲き性があります。 屋上で多肉狂想曲をした時(おふたりと行った後、またプントと行った)、 つい購入してしまったルイ14世です。 1800円が手頃に思えたあの日…でも結構安いですよね? 上のフェルディナン・ピシャールと同じく、 ハイブリッド・パーペチュアルローズに分類されているバラで、 これも比較的新しいですがオールドローズなんだと思います。 「バラ大百科」に掲載されていたせいか、 やたら松坂慶子さんのイメージです。 絶対にデジカメで色が出せないだろうな〜 と思いましたが、案の定です^-^;。 バラ大百科
 
 | HOME | 次のページ »